京都で事業承継・相続でお困りの方はJSコーディネーター協会へお気軽にご相談ください

お問い合わせ
  
    
      

「空家問題について」
2016年06月1日

上田雅

土地家屋調査士、一級建築士の上田雅(うえだ ただし)です。

 

数年前から「空家」の問題が話題となっており、
またそれに対する対応や活用の宣伝も数多く見受けられますので、

既にご存じの方も沢山おられると思います。
これは「空家」の増加に伴い国土交通省が 「空家等対策の推進に関する特別措置法」を施行しました。

 

この法により市町村は、空き家への調査や所有者把握のために固定資産情報の利用や
特定空家等については指導や勧告ができ、最終的には代執行ができるようになりました。
そのうえ、固定資産税など税制上の措置等も記されています。

 

この背景には適切な管理が行われていない空家等が、防災、衛生、景観等の地域住民の
生活環境に、深刻な影響を及ぼしているためでもあるとされています。

 

相続や転居などで空家をお持ちの方、または持つ予定のある方は注意して頂きたい法です。

 

空家には境界の問題や権利の問題、 今後の活用方法など多数の事柄が含まれることがあります。
この場合も、各専門資格者を中心とした事業承継・相続コーディネター協会が お役にたてると思います。

 

【 参考 】

国土交通省「空家対策の推進に関する特別措置法の概要」

「空家等に関する施策を総合的かつ計画的に実施するための基本的な指針(概要)」

「「特定空家等に関する措置」に関する適切な実施を図るために必要な指針(ガイドライン)(概要)」

執筆:土地家屋調査士、一級建築士 上田雅

カテゴリ:03-不動産について
お問い合わせはこちら
 
  
このページのトップへ戻る