京都で事業承継・相続でお困りの方はJSコーディネーター協会へお気軽にご相談ください

お問い合わせ
  
    
      

事業承継と知的財産権
2016年10月1日

弁理士の本田 史樹です。 1. はじめに 事業承継をされた場合、特許権等の知的財産権がどのように取り扱われるか、 何か手続きが必要なのか、注意しなければならないこととかあるのか、 といった疑問があると思います。 そこで、今回は、事業承継をされた場合の特許権等の知的財産権の取扱い等について ご説明したいと思います。 2. 特許権、実用新案権、意
続きを読む>>>
      

「事業承継の問題点」
2016年04月1日

税理士の二井徹です。 中小企業の事業承継は企業経営の相続です。 大企業ならば人材が多く選択の余地がありますが、中小企業で同族会社がほとんどの 顧問先企業ではそうゆう訳にはいきません。 ほとんどが親族、特にご子息になっています。 こう言うところが企業経営の相続です。 現社長は、そのつもりで後継者として育てておられますが、 最近のご子息は大企業に就職してしまうことが多く見
続きを読む>>>
      

事業承継の問題点(1)
2014年11月6日

理事長の、岩本昌信です。   今年4月、30数年来の関与先の会社で事業承継が行われました。 創業社長65歳、新社長40歳。 新社長は、平成6年の入社で創業社長の親族ではありません。 この会社の事業承継の問題点は二つありました。   一つ目は、「資産」の承継です。 創業社長の金融機関に対する個人保証と高価となった株式の承継の問題です
続きを読む>>>
      

事業承継・廃業-次世代へのバトンタッチ
2014年07月4日

税理士の福島です。 先日、今年度版の中小企業白書が公表されましたのですが、 そこでは「事業承継・廃業-次世代へのバトンタッチ」と題して、 事業承継についてもしっかりと記述されております。 ポイントとしては、 ①事業承継の形態は、内部昇格や外部招へい等、親族以外の第三者への承継が締める割合が増加しているため、こうした現状を踏まえ、「第三者承継」を取り上げ、分析が行われていること
続きを読む>>>
      

事業承継! 事前準備の大切さ
2014年05月1日

社会保険労務士・行政書士の野中望です。 ~事前準備~ 許可が必要な事業所では、事前準備は出来るときに準備しておきましょう! 事業承継などは突然やって来る場合があります。 その時には、事業主などの変更の手続きを行わないといけなく、 時間的な猶予が余りなく期限内に届出が間に合わない場合、 証明書類の紛失や不備、許可要件が満たしていないなどが起こり得ます。 そのため許可
続きを読む>>>
お問い合わせはこちら
 
  
このページのトップへ戻る