京都で事業承継・相続でお困りの方はJSコーディネーター協会へお気軽にご相談ください

お問い合わせ
  
    
      

相続による農地・森林の届出について
2017年03月17日

特定行政書士の澤田直哉です。 このコラムでは、相続の手続きで見落としてしまいそうな事柄を一つ、ご紹介します。 不動産の相続といえば、その手続きとして「登記」をすることは、皆さんご存じだと思います。 そのうち、農地と森林の相続については、所有権の移転登記後に、 その所在地を管轄する市区町村への届出が必要です。農地の場合は平成21年12月から、 森林の場合は平成24年4月から届出が義
続きを読む>>>
      

「相続対策セミナー&個別相談会」でご依頼を受けた相続手続きについて
2017年03月1日

特定行政書士の池尻範枝です。 昨年9月9日、京都中央信用金庫桂支店において、「相続対策セミナー&個別相談会」を開催しました。 セミナーと同時に行った個別相談会では、当協会の相談員が、 相続に関する様々なご相談にお応えしました。 当日受けたご相談のうち、業務をご依頼いただいた事例について紹介します。 二か月前にご主人を亡くされた奥様が、 「夫名義の不動産と預貯金を自
続きを読む>>>
      

貸金庫について
2017年02月22日

行政書士の福本匡宏です。   金融機関等との契約で貸金庫を利用し、大切なもの(不動産の権利証、有価証券、貴金属等)を 保管されている方は少なくないでしょう。 実はこの貸金庫ですが、相続時には少々厄介なことになります。   例えば、遺産分割協議をするために、被相続人の財産がどれだけあったのかを把握する為、 一部の相続人が金融機関に赴き、貸金庫を開
続きを読む>>>
      

事業承継とは何をどのようにバトンタッチすればよいのかを考える
2017年02月14日

中小企業診断士 の橋本 好一です。 さてこのコラムでは身内間の事業承継をイメージしていますが、 出来るだけ普遍的な内容にしたいと思います。 事業承継とは何ですか?とお尋ねすると、皆さんまちまちのイメージを持っておられます。 それでは話が進みませんので、 ここでは<駅伝のように、 現経営者(父親)から後継者(息子)へ事業というタスキをつなぐ事>と定義します。 では、つなぐべき
続きを読む>>>
      

「司法書士」業務を振り返って
2017年02月1日

司法書士の中谷全宏です。 このコラムを担当させていただくにあたり、ふと日々の業務を振り返ってみました。 特定の取引先様からの不動産決済案件が弊所業務の9割を占めているところ、 それら業務は開業10年以上の事務所ともなれば当然システマイズされており、 即ち、そこで働く所員の業務も大枠では 自然とシステマチックなものになっていくのであろう。   何千と並ぶ
続きを読む>>>
 
  
このページのトップへ戻る