京都で事業承継・相続でお困りの方はJSコーディネーター協会へお気軽にご相談ください

お問い合わせ
  
    
      

私の経営している会社の株式が、全て私の母親所有
2017年10月25日

行政書士の岡本昭義です。 ≪私の経営している会社の株式が、全て私の母親所有≫ 【事 例】 ①家族構成は、父、母親・長男・二男・長女の5人家族とします。 長男以下全て結婚しており、それぞれ子供もいます。 ②父は、すでに死亡しました。 ③長男は、父が経営していた会社を受ぎ、代表取締役となっています。 ④会社の株式3000株は、すべて母親が取得(父親から相続)していま
続きを読む>>>
      

-事業承継対策として種類株式の導入-
2017年08月1日

司法書士の田中利和です。  事業承継を行ううえで、一番重要なこと、それは何か、 それは、事業を承継する者に株式を集約させることです。 会社を承継する者がすべての株式を承継するのであれば問題はありませんが (※問題はないとは言い切れない)、そうでない場合は問題が生じる恐れがあります。 1.種類株式の機能  そこで、その対策の一つとして、種類株式を導入する方法があり
続きを読む>>>
      

高齢化社会と事業承継・相続
2017年06月22日

弁護士の小林千春です。 事業承継・相続分野は人類共通の悩みの種と言っていいくらい, 古来から地球規模で紛争の火種となっています。 そんな中,我々の世代では少子高齢化社会という人類がかつて体験したことのない時代に 突入するわけですが,特に,事業承継・相続分野においては, 高齢化問題で悩ましい問題に直面することがあります。 事理弁識能力の低下・喪失に伴って財産の管理・処分を
続きを読む>>>
      

遺言争いを予防するためには
2017年06月1日

弁護士の志部淳之介です。 亡くなられた方が遺言を残した場合、 遺言が有効であればその遺言にしたがって相続が行われることになります。 しかし、遺言には様々なルールがあり、 不備があると遺言自体が無効となってしまう場合があるので注意が必要です。 例えば、実際によく争われるのが、遺言をした際に、 亡くなられた方がアルツハイマー型認知症を発症していて、 よくわからずに遺言
続きを読む>>>
      

相続税の課税対象者が大幅に増加
2017年05月22日

税理士の福島重典です。   昨年12月、国税庁は平成27年中に亡くなられた方から、 相続や遺贈によって財産を取得した方についての相続税の申告状況の概要を発表しました。 平成27年1月以降の相続から、相続税の基礎控除が以前の60%にまで引き下げられましたので、 相続税の課税対象者がどのくらい増加するのか注目されていたところです。 被相続人(亡くなった人)
続きを読む>>>
 
  
このページのトップへ戻る