京都で事業承継・相続でお困りの方はJSコーディネーター協会へお気軽にご相談ください

お問い合わせ
  
    
      

未支給年金を受け取れる遺族の範囲が広がりました
2014年06月12日

kanehiro

特定社会保険労務士の、兼弘哲夫です。

 

 

これまでは、未支給の年金を受け取れる遺族の範囲は、亡くなった方と生計を

同じくしていた「配偶者、子、父母、孫、祖父母又は兄弟姉妹」でした。

今年の4月からは、これに加え「それ以外の3親等内の親族」まで拡大されました。

新たに未支給年金を受け取れる遺族は次のとおりです。

なお、今年の4月以降に死亡した方の未支給年金が対象となります。

1親等

 子の配偶者・配偶者の父母

2親等

 孫の配偶者、兄弟姉妹の配偶者、配偶者の祖父母、配偶者の兄弟姉妹

3親等

 曾孫、曾祖父母、曾孫の配偶者、甥・姪、おじ・おば、甥・姪の配偶者、おじ・おばの配偶者、配偶者の曾祖父母、配偶者の甥・姪、配偶者のおじ・おば

 

執筆:特定社会保険労務士 兼弘哲夫

カテゴリ:02-相続について
お問い合わせはこちら
 
  
このページのトップへ戻る