京都で事業承継・相続でお困りの方はJSコーディネーター協会へお気軽にご相談ください

お問い合わせ
  
    
      

うちの会社の株式が全て母親の所有
2014年06月26日

okamoto

行政書士の岡本昭義です。

①家族構成は、父、母親・長男・二男・長女の5人家族

長男以下全て結婚しており、それぞれ子供もいます。

②父は、すでに死亡

③長男は、父が経営していた会社を受け継ぎ代表取締役となっている。

④会社の株式3000株は、すべて母親が取得している。

④二男・長女は、それぞれ別の仕事をし、長男の会社には無関係。

 

 

この状況で母親が、お亡くなりになられた場合、現在所有している株式はどうなるのか?

 

○法定相続した場合、相続人3人に均等に相続される事になります。

○長男1000株 二男1000株 長女1000株 となり代表取締役である長男は、

 過半数の株式を取得出来ない状況になります。

○この状況で、兄弟姉妹でトラブルになった場合、

 長男は円滑な会社運営が出来ない事になりかねません。

 

★こんな場合、お母さんが会社を長男に継がせたいと思うなら、

是非遺言〈公正証書遺言〉で、例えば長男に会社の株式全部を相続させる旨の

遺言を作成される事を勧めいたします。

執筆:行政書士 岡本 昭義

カテゴリ:02-相続について
お問い合わせはこちら
 
  
このページのトップへ戻る