京都で事業承継・相続でお困りの方はJSコーディネーター協会へお気軽にご相談ください

お問い合わせ
  
    
      

「もう遺言書?」
2016年11月1日

  特定社会労務士の藤本敦司です。 「正式な遺言書を書きたいのが、どのようにすればよいのか?」と懐かしい同級生から電話がありました それを聞いた私は「まだ少し早いのに、何かの悪い病気にでもなったのかな」と 少し不安を抱えて 「どうして今、遺言書を作成しようと思ったのか」と聞きました。   介護が必要な彼の母親が、有料老人ホームに入居す
続きを読む>>>
      

事業承継と知的財産権
2016年10月1日

弁理士の本田 史樹です。 1. はじめに 事業承継をされた場合、特許権等の知的財産権がどのように取り扱われるか、 何か手続きが必要なのか、注意しなければならないこととかあるのか、 といった疑問があると思います。 そこで、今回は、事業承継をされた場合の特許権等の知的財産権の取扱い等について ご説明したいと思います。 2. 特許権、実用新案権、意
続きを読む>>>
      

全財産を愛妻に相続させたい!
2016年09月2日

特定行政書士・特定社労士の兼弘哲夫です。 名古屋市在住の同級生から 「自分が死んだら妻に全ての財産を残したいのだが」という相談がありました。 以下が私からの回答です。 1.法定相続人は 死亡した人の配偶者(この場合は、妻)は必ず相続人になりますが、 妻以外では優先順位が決まっており、先順位者がいる場合は、次順位者は相続人になりません。 第1順位:夫の子供(子供が既に死
続きを読む>>>
      

遺言書【公正証書遺言】があったらな~。
2016年07月1日

行政書士の岡本昭義です。 最近、こんなご相談がありました!! ≪ 相談ケース ≫ ・相談者は、相続人の長男です。 ・父が最近亡くなりました、母は数年前に死亡。 ・相続人は、子供三人。 ・父の財産は、高額な不動産と預金(ほとんどありません)。 ・相続人の長男だけがこのお家に住んでおります。 ・この家に住んでいない他の相続人が、この長男に家を売っ
続きを読む>>>
      

「マイナンバーと相続税」
2016年05月6日

公認会計士・税理士・社会保険労務士の岩井啓治です。   マイナンバー制度が平成28年1月から開始されました。 平成28年分の確定申告書や法定調書にマイナンバーの記載が必要となりましたが、 マイナンバーは相続税にも影響しています。 ① 預 金 口 座 銀行預金は、もちろん相続財産になります。 この預金口座ですが、マイナンバーとの紐付けが予定されてい
続きを読む>>>
お問い合わせはこちら
 
  
このページのトップへ戻る