京都で事業承継・相続でお困りの方はJSコーディネーター協会へお気軽にご相談ください

お問い合わせ
  
    
      

“相続”を“争族”にしないため
2014年04月3日

行政書士の、岩本昌信です。 「4人の子供たちには平等に与えたい」 永年、長男と暮らしてきた年老いた母親には、夫から引き継いだ土地・建物とわずかな預貯金が あるのみです。 4人の子供たちの間では、以前から金銭トラブルがあり、母親の死後遺産分割でもトラブルことが 予測できます。 母親と同居し、先祖の祭祀を承継する長男は、自らが住む住居の相続を遺言するよう母親に相談し
続きを読む>>>
      

建設業許可業者の事業承継と相続対策
2014年03月20日

行政書士の、岩本昌信です。 「仕事をて手伝ってきた長男に事業を引き継がせたい」 70歳を過ぎた個人建設業者の切なる願いです。 この個人業者には妻と子供3人、事業用資産として資材置場兼作業場の土地・建物、 他に自宅の土地建物、預金・有価証券があります。 このような場合は、「許可」と「事業承継」についての対策が必要となります。 1.個人の建設業許可については、個人(
続きを読む>>>
      

相続といえば
2014年03月11日

土地家屋調査士、一級建築士の上田 雅です。 相続といえば普通は亡くなってからの事ですが、当人にしかわからない事などは今のう ちにやっておくほうが良いのではないでしょうか? 例えば、私の仕事からの視点でみてみますと、次のようなものがあります。 【その1】 お隣さんとの土地の境界ははっきりしていますか? 境界を決めておく。簡単なようですが、これ意外と時間、手間そして費用
続きを読む>>>
      

マイホームが親と共有になっていませんか?
2014年03月10日

行政書士の、岡本昭義です。 「公正証書遺言作成のすすめ」 ①あなたの親が生きているうちは、それほど問題はありません。 ②その親が亡くなった時、マイホームの親の共有持分は、相続財産として相続人の共有となります。 あなたにご兄弟がいらっしゃる場合、その兄弟との共有になるのです。 ③その後相続財産は相続人間で話し合って分割することになります。 ④親の所有持分を、あ
続きを読む>>>
      

相続! 先ずは、相続人の確定から
2014年03月10日

行政書士の、岩本昌信です。 相続は、死亡によりはじまります。相続財産は相続人に承継され、 相続人が複数いるときは共有財産となります。 相続人は「配偶者相続人」と「血族相続人」の二通りがあります。 養子も血族相続人に含まれます。 相続人の確定には被相続人の出生時の戸籍から死亡までの戸籍( 除籍を含む) で把握します。 戸籍には、謄本、抄本、除籍などいくつかの種類があり
続きを読む>>>
お問い合わせはこちら
 
  
このページのトップへ戻る