京都で事業承継・相続でお困りの方はJSコーディネーター協会へお気軽にご相談ください

お問い合わせ
  
    
      

「創業のための資金調達制度」
2015年04月28日

公認会計士・税理士・社会保険労務士の岩井啓治です。 当事務所では以下のような創業支援を行なっています。 ①創業補助金 地域貢献を目指す創業まもない事業者に対して、 人件費・賃借料・設備費などについて、最大200万円(補助率2/3)が支給されます。 ただし、現在の募集中の申込期限は平成27年5月8日までです。次回の募集は未定です。 ②ものづくり補助金 ものづ
続きを読む>>>
      

事業承継税が緩和されます
2014年10月23日

税理士の二井徹です。   事業承継税とは、後継者が先代経営者から相続または贈与により非上場株式を取得した場合、 一定の要件を満たせば、相続税は80%、贈与税は全額を納税猶予する制度です (議決権総数2/3までの部分が対象)。   現行では、相続・贈与後に「5年間毎年8割以上の雇用を維持すること」が条件とされていますが、 平成27
続きを読む>>>
      

「住宅資金贈与税の非課税枠1500万円超へ」
2014年08月28日

税理士の岩井啓三郎です。 国土交通省は8月16日、住宅購入のため親や祖父母から受けた 資金にかかる贈与税の非課税枠について、 現行の最大1000万円から拡大するよう 2015年度税制改正で要望する方針を固めました。 非課税措置は今年末に期限が切れるため、数年間延長した上で、 非課税枠を1500万円超3000万円までの範囲で検討しています。 非課税措置を受けられるの
続きを読む>>>
      

消費税率引き上げと転嫁対策を考える。
2014年03月10日

中小企業診断士の、橋本好一です。 今年の4月1日より、消費税率が5%から8%に引き上げられます。 更に平成27年の10月1日からは10%に引き上げられる予定です。 消費税の仕組みはご存じの通り、取引の各段階で商品やサービスの価格に転嫁(上乗せ)され、 最終的には消費者が負担するものです。 事業者には納税義務はあるものの、税率が何%であれその収益や資金繰りに、本来影響を与え
続きを読む>>>
      

相続と相続税
2014年03月10日

税理士の、二井徹です。 相続はどなたにでも起こります。 しかし相続税は一定の財産を所有されている一部の方々が負担する事になります。 その相続税はある程度生前に予測可能です。 現在所有の財産を整理すれば今、相続が発生した場合どれだけの負担になるかを計算できます。 納税資金は大丈夫かの予想をします。 納税可能であれば次はいかに合理的に納税額を減少させるかを考えていく事に
続きを読む>>>
お問い合わせはこちら
 
  
このページのトップへ戻る