京都で事業承継・相続でお困りの方はJSコーディネーター協会へお気軽にご相談ください

お問い合わせ
  
    
      

~配偶者の居住権を短期に保護するための方策~
2019年07月12日

司法書士の時岡アヤ子です。 《配偶者短期居住権》 今回の相続法改正により、「配偶者短期居住権」(新法第1037条以下) という制度が新しくできます(2020年4月1日施行)。 (1)これは最高裁判例(最判平成8年12月17日民集50巻10号2778頁)の中で 高齢の相続人の居住権保護の必要性が認められたことから、 その内容を多少変更する形で定めます。 新法
続きを読む>>>
      

くらしと経営「個別相談会」(無料)
2019年04月10日

くらしと経営「個別相談会」(無料) 京都中央信用金庫様 桂駅前支店 にて、 各専門家による無料相談会を開催いたします。 開催日時(午前10時~午後3時30分) 〇4月10日(水)  〇10月 9日(水) 〇6月14日(金)  〇11月15日(金) 〇7月 9日(火)  〇12月 5日(木) ご予約・お問い合わせ番号  TEL:075-381-2193  
続きを読む>>>
      

高齢化社会と事業承継・相続
2017年06月22日

弁護士の小林千春です。 事業承継・相続分野は人類共通の悩みの種と言っていいくらい, 古来から地球規模で紛争の火種となっています。 そんな中,我々の世代では少子高齢化社会という人類がかつて体験したことのない時代に 突入するわけですが,特に,事業承継・相続分野においては, 高齢化問題で悩ましい問題に直面することがあります。 事理弁識能力の低下・喪失に伴って財産の管理・処分を
続きを読む>>>
      

遺言争いを予防するためには
2017年06月1日

弁護士の志部淳之介です。 亡くなられた方が遺言を残した場合、 遺言が有効であればその遺言にしたがって相続が行われることになります。 しかし、遺言には様々なルールがあり、 不備があると遺言自体が無効となってしまう場合があるので注意が必要です。 例えば、実際によく争われるのが、遺言をした際に、 亡くなられた方がアルツハイマー型認知症を発症していて、 よくわからずに遺言
続きを読む>>>
      

遺産分割調停①
2017年04月15日

弁護士の馬場充俊です。 亡くなられた被相続人が遺言を残さず、 相続人同士の遺産分割において話し合いがまとまらなかった場合は、 遺産分割調停を被相続人の死亡時の住所地を管轄とする家庭裁判所に 申し立てる流れとなります。 特に調停で揉め長期化することが多いパターンの一つとして、 「特別受益」の争点が挙げられるかと思います。 インターネット上などでは特別受益のワードの説明が
続きを読む>>>
お問い合わせはこちら
 
  
このページのトップへ戻る