京都で事業承継・相続でお困りの方はJSコーディネーター協会へお気軽にご相談ください

お問い合わせ
  
    
      

コンセプト

心と資源を次世代へ!

士業と言われる資格専門家はそれぞれの専門分野のスペシャリストとして依頼者の要望に応えて課題解決の支援を行うことを業としています。依頼の内容によっては、専門分野だけで完結する業務も多々ありますが、専門的な解決が総合的な解決につながらない場合も多々あるのが現状です。

特に、事業承継の分野では、例えば、経営権、財産権、事業ノウハウ・知的資産から労務やマーケッテイングなど、それぞれの専門分野からのみの専門的な課題解決(部分的解決)が経営全体の仕組みの中で連動しなければ企業存続の要件である「成果追求システム」のための課題解決(全体解決)の手段とはなり得えません。

スペシャリストは、言わば「専門部分の課題解決者」であってもゼネラリストではないからです。

すこに、それぞれの専門分野が関連する他の専門分野のスペシャリストと「成果追求に焦点」を合わせて「コーディネート」する「コーディネーター」の必要性と役割があります。

また、相続においても、預貯金、不動産、相続人間の問題などそれぞれの専門分野が関連することが多々あり、最適な対策や課題解決に「コーディネーター」の必要性と役割はますます重要なものとなってきています。本会では、専門家としての能力を深めると同時に総合的な視点を養い、「顧客」と「社会」のニーズに焦点を合わせた「コーディネーター」の普及活動を行っています。

理事長 岩本昌信

中小企業の事業承継は、「経営の承継」と「財産の承継」が、一般的な事業承継として行われてきました。

高度成長期・モノをつくれば売れた「消費拡大神話」、土地や株は必ず値上がりする「土地・株神話」、年功序列の「終身雇用神話」など、三大経済神話の時代には、「経営」は、会社の「内部管理」に焦点を合わせることで成長することができた社会背景がありました。
 
しかし、グロバール化よる多様な価値の競争の時代にあって、内部だけではなく、外部、即ち、「顧客」と「社会」のニーズに焦点が合っていなければ、いかに良い商品・良いサービスであってもブランディング機能が顧客獲得にまで及ばず、事業として成立しない厳しい経済環境へと変化してきています。

常に変化し加速度を増す経済環境にあって、「経営」とは「顧客」と「社会」のニーズに焦点を合わせた「事業」をいかに「経営」していくかが最重要課題 となってきています。
 
勝ち残るために専門分野は細分化され、「強み」が求められる時代です。「経営の承継」も、また、細分化して「強み」を発揮しなければなりません。JS協会では、「経営の承継」を「事業の承継」と「経営権の承継」とに細分化して「承継時期」だけではない「事業」のチェックポイントをリストアップしています。先人を超えることが「次世代の使命!」 JSチェックリストは「事業」と「事業承継」の起点からの第一歩として、その活用をサポートいたします。

専門家のサポート

成果をあげるには、専門分野に優れた人をいかに活用するかを知ることである

専門家同士が、成果追求に向けて連携し、
その連携がプロジェクト化されているかどうかをチェックすることである。

一般社団法人 事業承継・相続支援コーディネーター協会
(略称:JS協会)は毎月の月例会を通じて実務情報・ノウハウの研修と
気脈が通じる人間関係づくりの「場」を設けている

また、専門実務の質の向上とともに、関連分野の関係性を成果追求に向けて
コーディネートする能力の向上を図っている。
「JS登録コーディネーター講座」(年2回)により
JS登録コーディネーターの認定を行っている。

一般社団法人 事業承継・相続支援コーディネータ協会(略称:JS協会)には、
・公認会計士 ・税理士 ・司法書士 ・行政書士 ・社会保険労務士 ・不動産鑑定士
・弁理士 ・中小企業診断士 ・一級建築士・ファイナンシャルプランナー
・土地家屋調査士 ・弁護士が所属しています。

JSメッセージ

あなたの人生、現在・過去・未来 心と資産を次世代へ!

・遺言書
・知的資産報告書(知的資産・事業承継計画書)
・エンドレスノート(エンディングノートではありません)作成をサポートしています。

JSメッセージ

えびす神は、七福神で唯一の日本古来の幸福・繁栄をもたらす神様です。
大量に魚を獲る捕獲網漁法ではなく、一匹一匹と相対する漁法で笑顔する
姿勢に私達は感動し、共感しています。

お問い合わせはこちら

 
  
このページのトップへ戻る