京都で事業承継・相続でお困りの方はJSコーディネーター協会へお気軽にご相談ください

お問い合わせ
  
  
    
      

相続税の課税対象者が大幅に増加
2017年05月22日

税理士の福島重典です。

 

昨年12月、国税庁は平成27年中に亡くなられた方から、
相続や遺贈によって財産を取得した方についての相続税の申告状況の概要を発表しました。

平成27年1月以降の相続から、相続税の基礎控除が以前の60%にまで引き下げられましたので、
相続税の課税対象者がどのくらい増加するのか注目されていたところです。

被相続人(亡くなった人)全体に占める課税された人の割合を「課税割合」というのですが、
この課税割合は26年分では4.4%であったところ、27年分では8%にまで急上昇しました。
当初の財務省の試算では6%程度の予測であったようですので、
実際の数値は予想を大きく上回っております。

ちなみに国税局別で見ますと、
東京国税局管内では 12.7%、
名古屋国税局管内で 11%、
大阪国税局管内では 8.2%   だったようです。

大阪国税局は、近畿2府4県を管轄しておりますので、
当協会の地元の京都市や大阪市、近畿圏の都市部近郊などに限ると、
恐らく10%を超える課税割合となっているのではと推測されます。

相続税は、いわゆる富裕層にだけ関係するものではなく、
準富裕層までに広がった感があります。

執筆:福島 重典

      

5月月例会が開催されました
2017年05月12日

5月月例会

5月11日(木)18時30分 開会
ウイングス京都

◇第1部 研修会
~組織及び管理~

 「組織の中で管理者としてあるべき理想像とは」

 

講 師  矢 部   紀 久 雄  先生
(アラコム株式会社 関西支社 統制指令室副長)
【主なテーマ】
① 組織とは ② 組織の重要性 ③ 管理者として具備すべき条件
④ 使命・徳操教育の重要性~情熱ある助言・指導~ ⑤ 指揮とは(統率・統御・管理)

◇第2部 コミュニケーションゲーム

(選択テーマ)
① 相手方のなかにある答えを引き出す効果的な言葉とは、
どのような言葉でしょうか。

② 人に仕事を頼み、確実に実行してもらうための必要なポイントとは。

③ 落ち込んでいる人に「やる気」をおこさせる方法とは。

④「株は高くかって、安く売りなさい。」大阪の北浜で一人の若者が
株屋の営業を始めたときの信念であり、セールストークであった。
このセールストークが一因となり、若者は成功した。ナゼ? 成功したのか。

 

 

 

 

      

5月役員会が開催されました。
2017年05月12日

平成29年4月27日(木)、
中京区押小路通柳馬場西入竹屋町の「佳 久」にて
役員会が開催されました。

旬の料理を味わいながら、
平成29年度の事業方針案が検討されました。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

      

~ 事業を承継 「する」 「させる」 ということ ~
2017年05月1日

岩本昌信
行政書士の岩本昌信です。

ある会社の女性事務員の電話の声が明るくなりました。
「明るくなった」のは、昨年11月にM&Aによる事業承継が決まってからで
事務所の雰囲気も良くなってきています。
後継者のいない高齢経営者の下で、これからの仕事への少なからずあった不安が
少しは解消されたのだと想像できます。
この会社とは、30年余り続く関与先で、社長とも個人的に親しく数年前から
「後継者」や「会社の今後」について相談にのっていました。

事業承継を進めようとする場合、
「税金」「株価」「会社の将来」「後継者」「借入金・債務保証」「親族間の調整」等
さまざまな課題がありますが、相談にのった数年前からは、
「事業を承継したい(買いたい)と思ってもらえる魅力ある会社づくり」を
合い言葉にして、簡単な自社分析(SWOT分析)を行い、
自社の特徴や取引先・事業内容の知的資産の「見える化」を心がけてきました。

M&Aは、金融機関と専門のコンサルタント会社を通じてでしたが、
M&Aプロセスの「ヒアリング」の時には、
この「知的資産の見える化」が大いに役立ち、
買手の「更なる事業承継の目的意識」の促進につながったように思います。

M&Aが決まり新旧社長が挨拶に来られた時、
旧社長は「笑顔でほっとした」穏やかな表情でしたし、
新社長は「知的資産活用のノウハウ」の収集に目を輝かせておられました。

M&A専門コンサルタント会社を通じた場合、
手続的なステップは手順どおりですが、
私の専門分野(建設業・経営事項審査・入札関係)での
「魅力ある会社づくり・ノウハウ活用の方向性」は
「従業員・新旧経営者・事業」にとって「潤滑油」の
役目を担ったのではないかと思います。

経営者個人としての人には「老いと死」という宿命的なライフサイクルを
避けて通ることはできませんが、
桜の木が接ぎ木によって蘇る(古木のエキスを接ぎ木が吸収して育つ)ように
「社会的価値ある事業」(社会の役立ち、お客様や従業員にも喜んでもらえる事業)の
エキスとなる心と資産を次世代へつなげて
新たな事業に育てていくことが自然の原理にも叶い、
大袈裟に言えば「人間としての使命」(言うは易し行うは難しですが)なのではないでしょうか。

因みに、私の事務所でも、事業承継、現在進行中です。

~金を残すは下・事業を残すは中・人を残すは上・感動を残すは最上~

執筆:岩本 昌信

 
  
このページのトップへ戻る