京都で事業承継・相続でお困りの方はJSコーディネーター協会へお気軽にご相談ください

お問い合わせ
  
    
      

~配偶者の居住権を短期に保護するための方策~
2019年07月12日

司法書士の時岡アヤ子です。 《配偶者短期居住権》 今回の相続法改正により、「配偶者短期居住権」(新法第1037条以下) という制度が新しくできます(2020年4月1日施行)。 (1)これは最高裁判例(最判平成8年12月17日民集50巻10号2778頁)の中で 高齢の相続人の居住権保護の必要性が認められたことから、 その内容を多少変更する形で定めます。 新法
続きを読む>>>
      

~配偶者の居住権を長期的に保護するための方策~
2019年06月13日

司法書士の時岡アヤ子です。 《配偶者居住権》 今回の相続法改正により、「配偶者居住権」(新法第1028条以下)という制度が 新しくできます(2020年4月1日施行)。 (1)仮に夫(妻)が亡くなった後も亡夫(妻)名義の自宅に、その妻(夫)が そのまま住み続けたいという場合、その自宅を子供が相続しても、 妻(夫)は亡くなるまで無償で、その自宅に住み続けることが可能にな
続きを読む>>>
      

くらしと経営「個別相談会」(無料)
2019年04月10日

くらしと経営「個別相談会」(無料) 京都中央信用金庫様 桂駅前支店 にて、 各専門家による無料相談会を開催いたします。 開催日時(午前10時~午後3時30分) 〇4月10日(水)  〇10月 9日(水) 〇6月14日(金)  〇11月15日(金) 〇7月 9日(火)  〇12月 5日(木) ご予約・お問い合わせ番号  TEL:075-381-2193  
続きを読む>>>
      

~配偶者の居住権を長期的に保護するための方策~
2019年03月13日

  特定社会労務士の藤本敦司です。 <悪質なクレームはハラスメント> 顧客や取引先からの従業員への悪質なクレームが、社会問題となっていますね。 UAゼンセンの調査によると「業務中に客から迷惑行為に遭遇した」 という従業員は70.1%にもなるそうです。 この迷惑行為の内訳(複数回答)では、 「暴言」が最多の 66.5%、 「何回も同じ内容を繰り返すクレーム」 3
続きを読む>>>
      

~「未来のSWOT」の活用について~
2018年10月5日

中小企業診断士の淺津光孝です。 環境変化が激しい中、事業を継続するには先を見据えた戦略的な経営が求められます。 その際、自社の将来像を描くには、「5~10年後の目指すべき会社の未来の姿は?」 そして、「会社の“強み”とその活かし方は?」という二つの問いかけに 答える事ができなければなりません。 さらに両者の間に、「実現可能な一貫性のあるストーリー」が必要です。 そこでま
続きを読む>>>
お問い合わせはこちら
 
  
このページのトップへ戻る