京都で事業承継・相続でお困りの方はJSコーディネーター協会へお気軽にご相談ください

お問い合わせ
  
    
      

《遺留分制度に関する見直し》
2019年11月1日

  司法書士の時岡アヤ子です。 《遺留分制度に関する見直し》 今回の相続法改正には、遺留分制度に関する見直しがいくつかあります (2019年7月1日施行)。 (1)遺留分を算定するためには、財産の価額を確定させる必要がありますが、    その計算式を新法第1043条及び第1044条が定めます。  すなわち「相続開始時における被相続人の積極財産の額」と 「第三者に対す
続きを読む>>>
      

《遺言制度に関する見直し》
2019年10月8日

司法書士の時岡アヤ子です。 《遺言制度に関する見直し》 今回の相続法改正には、遺産分割に関する見直しがいくつかあります(2019年7月1日施行) 今回の相続法改正には、遺言制度に関する見直しがいくつかあります (下記(1)及び(4)を除き2019年7月1日施行)。 (1)すでに2019年1月13日から施行されていますが、新法第968条第2項により、 自筆証書遺言の財
続きを読む>>>
      

~遺産分割に関する見直し~
2019年09月1日

  司法書士の時岡アヤ子です。 《遺産分割に関する見直し》 今回の相続法改正には、遺産分割に関する見直しがいくつかあります(2019年7月1日施行) (1)まず、結婚して20年以上が経つ夫婦間で、 居住用の建物またはその敷地(居住用不動産)を遺贈したり贈与した場合、 新法第903条第3項の「持戻しの免除の意思表示があったものと推定」します。 そのため遺産分割
続きを読む>>>
      

~配偶者の居住権を短期に保護するための方策~
2019年07月12日

司法書士の時岡アヤ子です。 《配偶者短期居住権》 今回の相続法改正により、「配偶者短期居住権」(新法第1037条以下) という制度が新しくできます(2020年4月1日施行)。 (1)これは最高裁判例(最判平成8年12月17日民集50巻10号2778頁)の中で 高齢の相続人の居住権保護の必要性が認められたことから、 その内容を多少変更する形で定めます。 新法
続きを読む>>>
      

~配偶者の居住権を長期的に保護するための方策~
2019年06月13日

司法書士の時岡アヤ子です。 《配偶者居住権》 今回の相続法改正により、「配偶者居住権」(新法第1028条以下)という制度が 新しくできます(2020年4月1日施行)。 (1)仮に夫(妻)が亡くなった後も亡夫(妻)名義の自宅に、その妻(夫)が そのまま住み続けたいという場合、その自宅を子供が相続しても、 妻(夫)は亡くなるまで無償で、その自宅に住み続けることが可能にな
続きを読む>>>
お問い合わせはこちら
 
  
このページのトップへ戻る